Home > Archives > 2018-09

2018-09

ニット

レトロな雰囲気を醸し出すジャガード織り花柄プルーオーバーニット。
柔らかな風合いを持つウール素材が見た目も着心地も暖かみのある一枚。
細身のパンツからボリュームスカートまで幅広いボトムと好相性。
日常使いにぴったりな、定番ニットに飽きたらぜひ取り入れてみてください。

tricot : ニット ¥46440tricot : ニット ¥46440

ニット ¥46440 / スカート ¥57240

先週に続き、今週も3連休。
みなさまいかがお過ごしでしょう。
すっきり晴れてはいませんが
お出かけに大きな支障はなさそうです。
思い立ったが 吉日と、久しぶりに鮨屋。
あじは酢で軽くしめたもの。
サンマも銀杏も食べました。
そういう季節だなぁと、いい日でありました。
みなさん、秋の始まりを、どうぞお楽しみください。

パンツ

保温性の高いウール素材を縮絨加工した秋冬シーズンにぴったりなパンツ。
ゆったりとした腰回りと裾にむかって細くなるテーパードシルエット。
使い勝手の良いワンカラーとシンプルなデザインで秋冬の着回しにぴったり。
オーバーサイズのトップスを合わせたり、インした着こなしもオススメです。

tricot : パンツ ¥42120 (TOPグレー)tricot : パンツ ¥42120 (TOPネイビー)

tricot : パンツ ¥42120 (TOPグレー)

パンツ ¥42120 / ブラウス ¥34560

すっきりしないお天気です。
やすみあけ、こんにちは。
雲間からわずかに見える月をながめに
ビールとつまみを持ってお月見に。
澄んだ夜空の月はもちろんきれいですが
雲に包まれた月も良いものです。
ただ、暑さが一段落した今
蚊の勢いが凄く早々に退散。
どうぞ、みなさん、気持ちのよいお月見を。

Tシャツ

裾部分に繊細な刺繍を施し、さりげなくメリハリをつけた異素材Tシャツ。
身頃はウール天竺、袖と裾部分には綿素材を使用した軽い着心地。
裾にはスリット入りで、スカートにもパンツにもなじむ絶妙なバランス。
やわらかく程良い厚さは、1枚着のほかインナーとしても活躍させてください。

tricot : Tシャツ ¥29160tricot : Tシャツ ¥29160

Tシャツ ¥29160 / パンツ ¥34560

3連休明け、こんにちは。
季節の区切りは白露の末候
玄鳥去(つばめさる)」。
春にやって来たつばめたちが
いよいよ姿を消し始めるころ。
秋本番といったところですが
「まだまだ、あついねー!」
が、会ったとたんのごあいさつ。
移り変わりやすい天気はつづきそう。
【 おことわり 】
あすと(19/水)、あさって(20/木)、お休みいたします。
メールやお問い合わせのお返事は
休みあけ金曜日になりますことご了承ください。
それでは、しあさって会いましょう、シーユー!

ジャケット

カーディガンのようにさらりと羽織れるのが魅力的なノーカラージャケット。
合わせるボトムを選ばないベーシックなショート丈のコンパクトなデザイン。
大きなスナップボタンは、着脱のしやすさだけでなくすっきりとした見え感に。
縮絨加工を施したウールの素材感が素朴な佇まいで普段使いにも最適な一枚です。

tricot : ジャケット ¥71280tricot : ジャケット ¥71280

ジャケット ¥71280 / パンツ ¥42120

敬老の日です、こんにちは。
暑さを感じますが、すっきり晴れて
お出かけには問題ないような一日。
大相撲秋場所は中日をすぎて
横綱、稀勢の里は二敗目。
すんなりとはいかないねぇ….。
さぁ、中秋の名月まであと一週間。
今夜は右半分が光って見える、上弦の月。
このままお天気が続きますように。
今週も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

パンツ

秋冬ムードを盛り上げてくれるウールツイード素材で仕上げたパンツ。
フロントにタックをとり、ゆったりとした腰回りの丸みのあるシルエット。
クラシカルさと華やかさをあわせもったシンプルすぎず着回しやすい一枚。
ざっくりニットからコンパクトなトップスまで好バランスで着こなせそう。

tricot : パンツ ¥41040 tricot : パンツ ¥41040

tricot : パンツ ¥41040

パンツ ¥41040 / ジャケット ¥43200

すっきりしない連休初日。
ロケット「こうのとり」の
打ち上げは延期になったようです。
条件が整わない時に
予定を変更するのは勇気がいりそう。
今夜はカレーを食べると決めています。
おそらく変更はないはず。
新米が届いて、ちょっとうれしい気持ちです。
みなさん、週末、それぞれおたのしみください。

Home > Archives > 2018-09

Return to page top