Home > Archives > 2018-08

2018-08

ニット

縫い目のないホールガーメント縫製によって編み上げたニットカーディガン。
背中にタックを施しきれいなラインをキープしてくれる後ろ姿が印象的な一枚。
ボタンを閉じても開けてもサマになるデザインで着まわし力にも期待できる。
柔らかく厚手すぎない梳毛素材で秋口から長いシーズン活躍できそうです。

tricot : ニット ¥51840  (TOPグレー)tricot : ニット ¥51840  (紺)

tricot : ニット ¥51840  (黒)

ニット ¥51840 / パンツ ¥34560

お盆休みあけ
今日からお仕事のかたもおおいかと。
雲が広がって日差しが乏しい
台風が次々に発生しているのだとか。
甲子園に影響なければいいけど。
全員が秋田出身の金足農業、いいよねぇ。
インタビューはすべて秋田弁で聞いてみたいわー。
夏っぽいのもあと少し。
今週もよろしくおつきあいください。

スカート

この秋冬に取り入れたい柔らかなパステルカラーが好印象なスカート。
切り替えを効かせて程よいボリューム感をもつフレアシルエット。
重すぎない軽やかな風合いのエステルツイル素材は秋口から重宝しそう。
同系色の淡いトーンでまとめた着こなしもオススメです。

コムコム : スカート ¥48600コムコム : スカート ¥48600

スカート ¥48600 / Tシャツ ¥18360

あいかわらず、強い日差し。
ですが、なんとなく秋っぽい。
もう冬なんて来ないんじゃないかと
思っていたけどね‥‥。
甲子園も残りわずかとなって
毎試合、おもしろくなってきたねー。
約1週間後の満月にむけて
今夜は半月、上弦。
とくべつなことはございませんが
どうぞ、みなさん、よい週末をおすごしください。

Tシャツ

サラッとしたタッチの綿素材を使用したクルーネックTシャツ。
ベーシックなシルエットに凹凸で表現された水玉柄が表面感のある仕上がり。
マンネリ化している夏のコーディネートに今すぐ投入したいアイテム。
一枚ではもちろん、秋冬にはインナーとしても活躍させてください。

tricot : Tシャツ ¥21600tricot : Tシャツ ¥21600

Tシャツ ¥21600 / パンツ ¥20520

猛暑と熱帯夜から解放されて
そろそろ夏が去り始めた感じ。
北海道では早くも初雪だそうです。
阿波踊りのあいだ、毎日通った鮨屋。
よくもまー、飽きもせず呑んで食べました。
いろいろあった阿波踊りも
終わってしまえば楽しい思い出。
さぁ、休み終わって、いつもの日常。
がんばるでーー!

ワンピース

きれいめな風合いのウールギャバ素材が上品な仕上がりのワンピース。
短めの袖丈に胸の下あたりからゆったりと広がるAラインシルエット。
バックにボタンを施し、前後どちらでも着用可能な優れもの。
定番アイテムとして、さまざまな場面に備えて持っておきたい一枚です。

tricot : ワンピース ¥62640tricot : ワンピース ¥62640tricot : ワンピース ¥62640

ワンピース ¥62640

暦は立秋の次候
夏の終わりを惜しむかのように
カナカナと、ヒグラシが鳴き始めるころ。
夏もそろそろ折り返し。
連日、お騒がせの総踊り。
見に行こうものなら、
人の頭とスマホ持った手しか見えません。
踊ってる人、昨日も写ってないわ‥‥。
なんやかんやとありますけれど
みなさん、お祭りは、たのしくねーーー。

阿波踊り時期の
8月12日(日) ~ 15日(水)の4日間は
10時~17時の営業時間。
閉店時間が早くなっております。
ご来店の際はご注意ください。
なお、16日(木) は休みとなります。

スカート

動くたびに揺れるデザインが気分を上げてくれるプリーツスカート。
あえてプリーツの折り目をきっちりつけず、ゆるいウェーブ感を出した軽い表情。
ウエストリボンでアクセントを付け、トップスインにも決まる仕上がり。
薄手のシフォン素材は暑さが残る秋口のコーディネートにぴったりな一枚です。

tricot : スカート ¥56160  tricot : スカート ¥56160

スカート ¥56160 / ジャケット ¥76680

昨日からはじまってます、阿波踊り。
写してみたけど
踊ってる人、写ってないわ‥‥。
まぁ、雰囲気だけ。
夏の甲子園、2度目のタイブレーク。
満塁逆転ホームランって
もう、マンガやね。
阿波踊りも甲子園もやめられない。
さぁ、残りの夏も盛り上がっていきまっしょい!

阿波踊り時期の
8月12日(日) ~ 15日(水)の4日間は
10時~17時の営業時間。
閉店時間が早くなっております。
ご来店の際はご注意ください。
なお、16日(木) は休みとなります。

Home > Archives > 2018-08

Return to page top